ブランド買取では、並行輸入品の買取OKなところもあればNGなところもあります💡

また、OKなところだとしても正規店で購入したものよりも査定金額が低くなりやすいんですよね。

 

一応、同じブランド品なのになぁと思うところではありますが…

もし並行輸入品であれば、少しでも高く買い取ってもらうためにクリーニングはより念入りに行い出来るだけ付属品はつけるようにしましょう‼

 

今回は、

・並行輸入品とはそもそも何なのか

・正規品よりも査定額が安くなる理由や少しでも高く買い取ってもらう方法

についてご紹介します。

 

並行輸入品ってそもそもなに?

 

正規品も並行輸入品も、どちらも同じブランドの同じ商品であることに変わりはないんですが…

 

正規品は、海外のブランドであれば製造されたものが正規代理店によって日本に輸入されます(‘ω’)ノ

 

そしてその輸入された商品が、日本にある正規販売店で売られお客さんがそれを購入するという形になります。

例えばですが、グッチを例に挙げて正規品と並行輸入品の違いを表してみます👇

 

ーブランド:グッチ

・正規品の場合

イタリアで製造→正規代理店によって日本へ輸入→日本のグッチ正規販売店で販売

ということですね。

 

これに対し並行輸入品は、製造されたものが現地の買い付け業者によって買われ日本の正規販売店以外のお店で売られるものです。

 

・並行輸入品

イタリアで製造→現地の買い付け業者が買い付ける→日本に輸入→正規販売店以外のお店で販売

ということになります。

 

並行輸入品は定価よりも安く手に入れることが出来ますが、これもこういったルートでの仕入れがあるからです。

 

日本の正規販売店が定める定価にはアフターサービスや商品のPR活動などのコスト、その他諸々が含まれた金額になっています。

 

この定価の設定金額は、その国で違ってくるので設定金額が日本よりも安い国から仕入れることでその分安く手に入れることが出来るのです。

 

ただ、安く手に入れられる分ギャランティーカードなど保証となるようなものがついて来なかったり…通常、正規品であれば受けられるはずのメンテナンス等受けられないというデメリットもあります。

 

並行輸入品が査定金額に影響する理由

 

ルートから考えれば想像は付きますが、並行輸入品は「商品が製造からお客さんの手元に届くまでのルート」が不明瞭なんです。

これが査定金額に影響する主な理由となっています💦

 

日本の正規の代理店を通していないことから、正規店の印がなく通常あるはずの日本語での取扱説明書もありません。

 

正規品の証明となるものがないことから本物であるかどうかを判断するための材料が少なくなるので、見分けられないと買取不可になるケースもあります。

 

直営店で販売される正規品であっても、稀に縫製が雑であったりロゴの印字が綺麗じゃなくて一見すると偽物のように思えるものもあるんです💧

 

もしこういった商品であれば、買取に出すとお断り(買取不可)されることがありますが確率としてはかなり低いです。

でも、それが並行輸入品だと正規品よりもその確率が高くなるリスクがあります。

 

どこでどうやって入手したのかがハッキリとわからないため、実際に偽物が紛れ込んでいるというリスクも持ち合わせています。

 

付属品を出来るだけつけること

 

並行輸入品は、ギャランティーカードがついていないものが多いことも買取価格が下がりやすい理由の一つです。

 

でも、実際はブランドにもよりますがギャランティーカードが付いているものもあります💡

 

並行輸入品は正規店で購入するよりも安く手に入れることが出来るので利用しやすいですが、購入時にはなるべくギャランティーカードがついているものを選ぶということも大事なんですよね。

 

また、少しでも高く買い取ってもらうにはなるべく付属品はつけるようにすることもポイントですよ‼

関連:ギャランティーカードや箱などの付属品は査定金額を大きく左右する

 

あとは、簡単なものでも良いのでクリーニングすることも高く買い取ってもらう一つのコツ。

関連:買取に出す前にやるべきクリーニングの方法と詳しい手順

 

これは並行輸入品関わらず正規品でも同じことが言えるんですが、並行輸入品は買取金額が上がりにくいので特に意識したいですね。

 

あとは、商品をしっかり見極めることが出来る鑑定士が居るブランド買取店を選ぶと良いでしょう。

 

当サイトでは、実際に管理人が試したブランド買取店で使ってみて良かったところを中心にランキング形式でご紹介しているので参考にしてみてくださいね

参考:【ブランド宅配買取サービス】比較ランキング!お金を手に部屋もスッキリ

宅配買取は時間も手間もかからず、楽に不用品の処分が出来てお金が手に入るメリットいっぱいのサービスですが一つ心配なことと言えばトラブルがないか?です💡

 

店舗へ直接持ち込んでの買取や出張買取は、査定まできちんと自分が管理できます。

でも、宅配買取の場合は家を出てから査定までは自分では管理できなくなり運送されることで「紛失・破損」などのリスクがあります💦

 

高価なものであればあるほど、心配は尽きないものですが…少しでも安心して利用するために、トラブルを防ぐ3つの方法についてまとめました(‘ω’)ノ

 

トラブルを回避する3つの方法

商品一つ一つの写真や動画を撮っておく

 

トラブル回避のポイント1つ目は、荷物を詰める前に商品一つ一つの写真や動画を撮っておくということです。

 

宅配買取を利用するにあたって最も多いトラブルとして考えられるのが、

「なかったところに傷がついている」

「箱の中に商品を入れていたのにその箱がない」

「付属品が足りない」

などです。

 

自分が気づかなかっただけで最初からそうだったのか、それとも運送中にそうなったのか、あるいは査定の段階でそうなったのか…?

 

もし何も証拠となるものがなければ、いくら自分の主張が正しかったとしても通らなくなってしまうかもしれません💧

 

なので、もし万が一トラブルが起きた場合にそれがいつどこで起きたのかを知るためにも発送前は何も問題がなかったことを証明するために写真や動画に残しておくということをお勧めします✨

 

発送前には傷もなく、箱もあり付属品もきちんと揃っていたという証拠があればもし万が一何かあった時はそれだけ有利だと思います。

 

商品の特徴や状態を記載した紙を用意する

 

ポイント2つ目は、写真を撮るのにも似ていますが商品の特徴や状態を記載した紙を用意して一枚は商品とともに詰めます💡

そして、もう一枚はコピーを取って控えとして保管しておくのです。

 

多くのブランド買取では、初回は申込用紙がありそちらに商品の特徴や購入時期、希望金額などを記入して提出出来るところもあります。

 

が、それとは別に物の紛失や破損などのトラブルを防ぐ目的でも、商品についての詳細を記した証拠書類を取っておくというのも良いと思います。

 

自分で簡単にでも作った用紙を見ながら発送前に確認すれば、自分のミスでトラブルが起こるのも防ぐことが出来ますからね

 

保険をつける

 

3つ目のポイントは保険をつけることです。

通常であれば、30万円までは無料で保険がついているのでそれ以上の価値の高いものを宅配で送る時は更に高い保険をつけたほうが良い場合があります。

 

ただ、30万円以上の保険をかけるとなると自己負担になるのでその分の保険料を支払わないといけません‼

 

保険料と言っても、佐川急便やヤマト運輸などの大手運送会社では補償金額が1万円につき10円かかる仕組みになっていて、最低50円から保険が掛けられるようになっています。

 

つまり、仮に50万円の保険をかけようと思ったら500円で良いわけです👌

ブランド買取店によっては、30万円以上保険をかける場合は事前の申請が必要なんですが個人でそのままお願いするよりも通常より安い保険料で済むこともあります。

 

その結果数百円程度で利用することも可能です。

保険料と言っても大きな利用料が発生するわけではないので、保険をかけるというハードルは低いかと思います(´ω`)

 

なので、もし高価なものを宅配買取で査定に出したいと思ったら一応保険をつけることも考えておくと良いかもしれません。

 

最終手段として考えておくと◎

 

私は今まで数十回とブランド買取を利用してきたのですが、今まで一度もトラブルが起きたり不快な思いをしたことはありません。

数十回で一度もないんですよね。

 

なるべく大手のところを優先的に利用していた、ということもトラブル回避につながっていたのかもしれませんが。

 

初めてブランド買取を利用する時は、もし紛失したり壊れたらどうしよう…

「本当に送って大丈夫なのかな?」

と不安に思うこともあったので、荷物を詰める前に送る商品の写真は撮ったことはあります。

 

念のため…と思って撮ってみたんですが、その後買取不成立となり返送してもらった際にきちんと商品はありましたし、丁寧に梱包されていたので全く問題ありませんでした。

 

それからはいちいち写真を撮るのが面倒だったのと、あまり手間をかけずに不用品を出したかったのでもう一切写真は撮っていません(^^;)

 

商品の詳細等メモすることもなく、そのまま出していましたが一度もトラブルになったことはありません。

なので、基本的にはあまり心配することはないと思います(^^)

 

むしろ、梱包の仕方が悪いとそれによって中で商品が動いて傷がつくリスクはあるので、運送時の紛失や破損というよりは自分の梱包に気を付けるだけでも十分リスクは回避できるかと思います

 

「宅配買取は慣れていないからやっぱり心配…」

「高価なものを送るから出来るだけ万全な対策はしておきたい」

という場合は、上にあげた方法を試してみてくださいね。

高額な貴金属・宝石を売る時に一つ気を付けたいのが、「譲渡所得」の計算です。

譲渡所得というのは、資産の譲渡によって得た所得と見なされるもののこと。

 

一定の条件に従って、資産の譲渡に当てはまればそれには税金が発生します💡

家にある貴金属を売っただけだから大丈夫!と思っていても、それが一定の金額を超えるものであれば税金を支払う義務があるのです。

 

譲渡所得に当たるもの・当たらないもの

 

家にある使わないもの、いわゆる不用品を売っただけなのにそれで税金が発生するのは困った話なんですが…(^^;)

基本的には、生活に必要なものに関しては「生活用動産の譲渡所得」ということで、これに関しては課税されません。

 

生活に必要なものと言えば、通勤用の車や家で使う家具類、衣類などですね💡

なので、ブランド品と言ってもブランドの衣類であればいくら売っても課税されることはありません‼

 

でも、骨とう品や書画、貴金属、宝石類は通常の生活には必要ないものなのでこれらに関しては課税されるのです💦

ただ、通常の生活に必要ない全てのものが課税対象というわけではなく、1個もしくは1組が30万円を超える場合となっています。

 

30万円以上の価値ものが課税対象なわけではない

 

国税庁のHPの「譲渡所得の対象となる資産と課税方法」では、上記の説明まではわかりやすく書いてあります。

でも、これだけだとじゃあ30万円以上の貴金属類なら譲渡所得の対象になるんだ…と思ってしまいます💧

 

実は、譲渡所得は年間50万円の特別控除がありますし、購入する時に支払った金額とそれにかかった経費の分を差し引くことが出来ます。

 

つまり、「貴金属を売却して得た金額」から「購入金額や経費」を差し引いて更にそこから「特別控除分」を差し引いた金額が30万円以上になれば課税対象になるということです💡

 

ー計算方法の例

「60万円のものを購入した時にかかった経費が2万円だと仮定して、それが100万円で売れたとします。」

売却価額100万円ー(購入金額60万円+経費2万円)ー特別控除分50万円=ー12万円

 

この計算だと、プラスになるどころかむしろマイナスなので課税対象とはなりませんね。

 

貴金属、宝石類なら購入金額よりも安く売れることはあっても高く売れることってまずないと思うので、通常であればマイナスになるようなことはあってもプラスになること自体少ないです。

 

プラスになったとしても、それが30万円を超えるということはあまりないでしょう。

よって、課税対象になるケースはかなりレアなケースです。

 

プレミアがついた、とかで購入した時よりもかなり高い金額で売れないとまずありえないかと…

譲渡所得の対象になりやすいのはやはり貴金属や宝石類というよりは、金塊・インゴッドなどがメインですかね💡

 

金塊やインゴッドの売却で得た利益も、普通は譲渡所得になりこちらも年間50万円の特別控除がありますが保有期間で計算方法が違います👇

 

・短期譲渡所得の場合(購入後5年以内)

売却価額ー購入金額-50万円=課税額

 

・長期譲渡所得の場合(購入後5年超)

(売却価額ー購入金額ー50万円)÷2=課税額

 

売却方法で所得の区分が変わる?

 

ただ、一つ気を付けたいのが売却方法によっては所得の区分が変わってきます。

家にあった貴金属や宝石を売ると言っても、売り方は色々なものがありますよね。

 

・買い取り専門店への売却

・オークションやフリマでの売却

 

そして、物を売った時に得られる所得には次の3つがあります。

 

・譲渡所得

・事業所得

・雑所得

 

このうち、買い取り専門店への売却は「譲渡所得」

オークションやフリマで売却し、その売り上げのみで生計を立てている場合は「事業所得」

 

本業は別にあって、オークションやフリマで片手間で売り上げがあるのであれば「雑所得」ということになります。

貴金属や宝石の売却と言えば、買い取り専門店への売却が一般的なので通常は譲渡所得に当たるはずです💡

 

オークションやフリマで売却した場合は、それで生計を立てているのかいないのかによって所得の区分は変わりますが事業所得と雑所得には特別控除がありません。

なので、オークションやフリマでの売却は買取店での売却よりも損をすると考える人も居ます💧

 

また、事業所得か雑所得かでも経費として認められる範囲が違ってきます。

 

売却するにあたって使った場所やパソコンなどの機器を経費に入れたい場合には、事業所得になりますがそれには事業をしているという届け出「開業届」を提出する必要があります。

 

雑所得であれば、経費として認められるものの範囲が狭くなってきます。

…税金って難しいですね、頭痛くなります(笑)

 

自分はどの所得の区分になるか、によっても税金の計算方法は変わってくるということですね‼

 

わからないことがあれば最寄りの税務署へ

 

課税対象になるのかならないのか、よくわからない時は売る前にお住いの所轄の税務署に問い合わせてみると良いでしょう。

国税庁のHPにもある程度の情報は載っていますが、わかりづらい部分もあるので税務署に問い合わせたほうが早いと思います。

 

買取店への売却であれば、譲渡所得に当たるはずなのであまり心配は要らないと思いますが、もし購入金額よりもかなり高い金額で売却になりそうな時は事前に税金の計算も忘れずにしておきたいですね。

買取出来るものもあれば買取出来ないものもあるのは、ブランド品全般に言えることです💡

 

ブランドの衣類やバッグなどであれば、「事前にブランド検索したけど出てこなくて、買取不可ブランドの対象にもなっていなかったから…とりあえず出してみたけど結果買取は不可だった。」ということはあるでしょう。

 

でも、貴金属の場合は刻印を見ればそれが買取可能か不可なのかは誰でも判断できます‼

 

そこで、今回は

・貴金属で買取不可の刻印の種類

・刻印がよくわからない時の簡単な見分け方

についてまとめてみました(‘ω’)ノ

 

買取不可な刻印の種類と見分け方

 

色々な刻印があるので珍しいタイプの刻印だとわかりづらいですが、ここでは代表的なものを中心にご紹介します。

基本的な見分け方としては、刻印の末尾に以下のような英数字がないかどうかを確認します。

 

確認したい刻印

・GP(金メッキ:Gold Plated)

・GF(金張り:Gold Filled)

・GR(金張り:Gold Rolled)

・GT(金箔張り:Bright Gold Plated)

・GEP(電解金メッキ:Gold Electro Plated)

・HGE(金メッキ:Hard Gold  Electroplated)

・RGP(金張り:Rolled Gold Plated)

・PP(プラチナメッキ:Platinum Plated)

・PW(真鍮、スズ、銅、鉛を含む合金:Pewter)

・PWG(真鍮、スズ、銅、鉛を含む合金で金の艶消し仕上げ:Pewter Gold-matte finish)

・PWS(真鍮、スズ、銅、鉛を含む合金で銀の艶消し仕上げ:Pewter Silver-matte finish)

・WGF(ホワイトゴールド張り:White Gold Filled)

・SPM(ニッケルがメインの合金:Sun Platinum Metal)

・1M(メッキ:1Micron)

※1Mについて
例えば、K181Mという刻印であればK18のメッキが1ミクロン(0.001㎜)という意味です。

 

なにかメッキの物無いかな~と探してみたら、家に一つだけK181Mのものがありました👇

蝶々の形をしたネックレスなんですが、裏面にしっかりと「K181M」の刻印があります💡

このK181Mも含め、もし上に挙げた刻印がどれか一つでもあればそれはメッキの可能性が高いので買取不可となります💦

 

あとは、刻印がきちんと見えない、わかりづらいなどで判断できない場合は磁気に近づけてみるというのも一つの方法です。

 

磁気を利用する方法

 

プラチナ、金、シルバーは磁気には反応しません。

家にある磁石を一つ用意して近づけてみると、メッキの場合はすぐに磁石にくっつきますがそれが本当に貴金属であればくっつきません。

 

ただ、アルミや銅などであれば磁石に反応しませんし貴金属でもほんの少し磁気に反応するものも少ない確率であります💡

なので、磁石の反応を見るだけで100%判断することは出来ないんですが刻印と合わせて確認してみることで大体の判断は出来るかと思います。

 

先ほどの蝶々モチーフのメッキネックレスを使って、プラチナのネックレスと比較してみました👇

メッキのネックレスに磁石を近づけてみると…

すごい勢いで、一瞬でくっつきました。

 

同じようにプラチナのネックレスにも磁石を近づけてみます。

かなり近くに寄せても全然くっつきません。

ビクともしないですね。

 

K181Mの刻印×磁石に反応ということで、この蝶々のネックレスはどう考えても100%メッキ確定なのですが、それにも関わらず私はこれをうっかり宅配買取に出してしまったことがあります(笑)

 

もちろん買取不可のお返事を頂いたのですが、仮にメッキの貴金属のみ査定に出すと本来無料で返却してもらえるところが着払いになってしまうことがあるので気をつけましょう💦

 

そもそも刻印がない場合は宝石店で見てもらう

 

どこをどう確認しても、そもそも刻印がない場合もあると思います💡

それだと、一体何で出来ているのかは自分自身ではほとんど判断できません💧

 

そんな時はお近くの宝石店でプロに見てもらうと良いと思います(‘ω’)ノ

 

宝石店でも判断がつかないものの場合は、査定に出して見ると良いですがその際は宅配買取なら買取可能なアイテム(他の貴金属ならメッキでないもの、バッグや衣類など他のブランド品)も一緒に出すことをお勧めします。

 

もし、買取不可アイテムだけを故意に送ったと思われると返送の際の送料は着払いになることがあるからです。

貴金属の査定がきちんと行える買取店では、X線の機械を使った詳しい検査が出来るところが多いので、見た目ではわからなくても機械を使うことでハッキリしますよ。

 

もしメッキだった場合は?

 

もし最終的にメッキだとわかれば、ブランド買取では売ることは出来ないので近くのリサイクルショップにいくか、処分するしか方法がありません。

でも、リサイクルショップだと1g当たり0.2円とかでかなり安い金額になるので一点二点の持ち込みだと値段がつかないことが多いです。

 

沢山あってそれなりの重さになるものであれば良いですが、あまり数がない場合は処分する(不燃ごみに出す)か、とりあえず取って置いてそれなりの量が集まってから売るというのも良いでしょう💡

 

あとは、フリマに出してみるとデザインで売れなくても分解すればパーツとして使える(ハンドメイドアクセサリーなどに)というケースもあるので、出してみると良いかもしれません。

 

その場合は、送料分で赤字にならないように計算して売れたらラッキーですし、売れなかったらその時に処分しても良いかもしれませんね。

購入時は高価なものでも、何年も使って行くうちにどんどん生活感が出て古くなっていくブランド品。

ただ古くなっただけであればまだ良いですが、壊れたり穴が開いたり水没させたり…何らかのトラブルなどでボロボロになってしまうものもあるかと思います💦

 

それでも、人気ブランドであれば買い取り自体は可能なケースが多いんです。

それがたとえ、「デザインも昔のものだし…これ本当に売れるのかな?」と自分では思えるようなものだとしてもです‼

 

なので、こんなブランド品なんて売れないだろうと捨ててしまうのはまだ早いですよ!

特に、時計やバッグはそれなりの金額になる場合もあります💡

 

時計・ブランドバッグは買取してもらいやすい

 

時計やブランドバッグなら、ボロボロのものでも買い取ってもらえる可能性が高いです。

 

特に、時計ならロレックス

ブランドバッグならヴィトン、シャネル、エルメスなど…これらは時代関係なく人気のブランドだからです💡

 

かなり状態が悪いものだとしても、買取金額が0になることはまずないと言われるほどなんです‼

「ゴミに出したほうが良いのでは?」と一見思えるようなものでも、買取は無料で利用できるのでまずは査定に出してみてから処分を検討してみても良いかと。

 

それで、自分が思っていた以上の査定金額になれば嬉しいですし不用品も手放すことが出来て必要な人の元に届くので良いことしかないじゃないですか(^^)/

 

ブランドバッグはヴィンテージとしての価値も高くなりやすい

 

新品の物のほうが新しいデザインや色のものが多く、流行にあったものを手に入れることが出来ますが、今はもう手に入らないデザインのバッグがヴィンテージとして高い価値を持つこともあります✨

 

人気のモデルのものは、時代が変わっても愛されるものが多いですしあまり流行り廃りがないデザインのものもあります。

新品のものは、どれだけ高くてもお金を出せば買うことは出来ますが…

 

昔のモデルのものは既に生産がストップし市場に出ている数が少なくなっているので、いくらお金を出そうと思っても手に入れることが難しくなっています。

なので、中古でも年々価格が高騰してきているバッグもいくつか存在します💡

 

毎年中古市場での価格が高騰しつつあるブランドバッグの一例

・フェラガモ ガンチーニショルダーバッグ(ゴールド金具)

・フェンディ ズッカ柄バッグ、ペカン柄バッグ

・グッチ バンブーショルダーバッグ、バンブーリュック

・セリーヌ ショルダーバッグ(馬車金具)

・シャネル マトラッセ チェーンショルダーバッグ、ココマーク リュック

 

フェラガモ

フェラガモは上品で洗練されたデザインのものが多いブランド。創設者であるサルヴァドーレ・フェラガモはもともとはレザー靴の職人でした。

その技術を活かし、バッグを始めとする小物の品質が高く洗練されたデザインが人気となりましたがその中でもガンチーニは代表的なモデル。

 

フェラガモのバッグと言えば、フックのような金具がポイント。ガンチーニは小さなフックという意味もあり、フェラガモの象徴的なデザインで非常に人気があります。

1950年代に初めて登場しましたが、今なお愛されているほど時代を超えて人気のデザインなのです。

 

フェンディ

ズッカ柄は、フェンディのFの字がモチーフになった柄のことで定番の柄。

落ち着きのある太い縦じまの入ったペカン柄は、ボストンバッグやリュックが特に人気です。

 

最近は世界中で大人気になった、「ピーカブー」も中古市場で価格が高くなりつつあります。

 

グッチ

グッチと言えば、ロゴモチーフのバッグが定番ですが一風変わったデザインのバンブーシリーズも人気。

持ち手部分だけ竹素材になったエキゾチックなデザインが人気となったバンブーシリーズはバッグ、リュックが特に人気です。

 

セリーヌ

セリーヌと言えば、ラゲージが大人気となりましたが中古市場では馬車金具のショルダーバッグも人気。

 

シャネル

マトラッセのチェーンショルダーバッグは、女性の永遠の憧れともいえるバッグの一つ。新品の定価はどんどん高騰してますが、中古市場でも価格が高くなっています。

マトラッセのバッグ以外だと、ココマークのリュックも根強い人気があります。

 

これらはヴィンテージで人気のバッグの一例なので、他にも意外と買い取ってもらえるものは色々とあります。

結果的に自分が納得のいくような値段がつかなかったらその時処分しても良いと思うので、まずは気軽に査定を利用してみると良いと思います✨

 

査定に出す前には、出来る範囲内で簡単にでもクリーニングしてから出すのもお忘れなく。査定前のちょっとしたお掃除が、高価買取にもつながりますよ♪

関連:買取に出す前にやるべきクリーニングの方法と詳しい手順

自分自身が直営店で購入したもので、ギャランティーカードがあったりシリアルナンバーの確認が取れているなどであれば100%本物という自信につながると思います。

でも、人から譲り受けたもの、もらったものなどでギャランティーカードがなく確認できないものは100%本物だという自信はないですよね💦

 

明らかに雑な作りとかでない限り、素人が見てもわからなかったりしますがプロの目はやはり違います。

ブランド買取はブランド品が本物か偽物かを判断するために利用できるのか?そう思う人も居ることでしょう。

 

結論から言うと、偽物かどうかの一つの目安にはなります。

ただ、確定というわけではないので総合的に判断する必要がありそうです💡

 

買取不可アイテムは偽物だけではない

 

ブランド買取や質屋では、本物か偽物かは割とすぐにわかるようです。

最近は、かなりレベルの高い本物そっくりな偽物も多いようですがそれでもプロの目は欺けません。

 

でも、ブランド買取店や質屋ではもし万が一査定に出したものが偽物だったとしても「これ、偽物ですよ」なんて教えてはくれないんですよね💧

普通は「うちではお買い取りできません。」と言われて断られるだけです…

 

買取できない理由についても、詳しくは教えてもらえないことが多いですね。

 

「当社の査定基準に満たないため」

「買い取り対象外のお品物となっているため」

と言われることが多いと思います。

 

実際に、偽物か本物かという以前に買取不可のアイテムも多いようです。

 

例えば、

・商品自体のダメージが酷く売れる状態ではない、古すぎて買い手がつかなそうな状態

・正規品でも縫製や刻印が雑、あるいはミスで偽物と判断されかねない

・メーカー、あるいは販売店のスタッフのミスによる商品やギャランティーカードの番号間違い

などが考えられます💡

 

商品自体がもうだいぶ前のもので古いから売れない、というのはわかりますがメーカー側や販売店側でのミスとなると購入者側はどうすることも出来ません💦

特に、縫製や刻印のミスなどに関してはハイブランドはハイクオリティが売りなので、本来であればあってはならないことなんですが…

 

少ない確率ではありますが、実際にこういったミスがあることも事実です。

購入時に気づいて確認が取れれば交換などの対応も可能ですが、多くの人はデザインや機能性を重視して購入すると思います。

 

なので、いちいち縫製や刻印、番号など細かい部分まで見ていなかったり見ても簡単には気づかなかったりします。

その結果、物は本物だけれどブランド買取店では買取不可になってしまうケースがあるんですね。

 

じゃあ、買取不可アイテムは偽物かどうかの判断は難しいのか?というとそうでもありません。

というのも、買取基準はどこのブランド買取店も全く同じということはなくそれぞれ違うからです✨

 

本当に偽物かどうか複数の店舗で査定に出してみる

 

買取不可の理由が詳しくはわからない以上、偽物だと判断するためにはいくつかの店舗で同じように査定に出してみることをお勧めします💡

もしかすると、ただ単にその店舗では買取基準に達していなかっただけかもしれないので、別の店舗では買取自体は可能だったということもあります。

 

ただ、もしもどの買取店でも買取不可という結果が出た場合はそれはおそらく偽物と判断しても良いでしょう。

その時は、使い倒して最後は処分してしまうのが一番かと思います。

 

直営店で購入しても買取不可になるケースもある

 

これは知人の話なのですが、ある時母親と二人でハワイに旅行に行くことになり旦那さんへのお土産としてブランド直営店で財布を買ったそうです。

帰国後、財布をプレゼントして以来旦那さんはずっと使っていたそうなんですが、それから数年経って古くなってきたのでブランド買取店に持って行ったんだとか。

 

そしたら、初めに行った買取店では「お買い取り出来ません」と言われ…試しに数店舗で査定をお願いしてみたら見事に全ての店舗でお断りされたそうです💧

 

その旦那さんは何も言わずに買取に出していたみたいで、結果買取不可となり持ち帰ったわけなんですが、知人は何も言わずに買取に出していたことがショックだったみたいです…

 

でもそれよりも、直営店で購入したものが買取不可だったのでかなりビックリしたと言っていました。

直営店で買ったとしても、色々な理由で偽物だと思われかねない物もあるということですね。

 

複数の店舗での査定で総合的な判断を

 

直営店で買ったのに買取不可だった…というケースは稀だとは思うんですが、こういった可能性もゼロではないんですよね。

ブランド買取、質屋でも偽物だと断言出来ない以上なんとなく察して判断するしかありません。

 

もし手元にあるブランド品が本物か偽物かの判断をしたい場合は、まずは査定に出して見ると良いと思います💡

 

それで買取をお断りされた場合は他複数の査定にも出してみて全てお断りされた場合はおそらく偽物、一店舗でも買取OKなところがあれば本物の可能性が高いということになると思います。

 

当サイトでもっともお勧めしているブランド買取店は、ゴールドエコです。

買取金額が一番高かったところで、買取ジャンルの幅も広めで対応もスムーズだったからです✨

 

送料や宅配キットなど全て無料で利用できるので、気軽に試してみてくださいね。

>>> 【ブランド高値買取更新中】
期待を裏切らない高額買取査定をゴールドエコで実現しませんか?
<<<