買取金額を少しでも高くしたい場合、事前に商品のクリーニングをすることが大事💡

クリーニングと言っても、専門店で行われるような本格的なものではなくある程度の汚れを落とすための自宅で出来る簡単なケアになります。

 

セルフケアなので限界はありますが、より綺麗な状態になればそのまま買取に出すよりも高い査定金額で買い取ってもらうことも可能ですよ‼

 

お手入れの方法はジャンルによってそれぞれ違うので、ジャンル別に一つ一つクリーニングの方法をご紹介していきます。

ぜひ最後まで読み進めてみてくださいね🎵

 

クリーニングの方法と手順

バッグ

①ホコリ、手垢など細かい汚れを取る

・キャンバスやナイロン生地

キャンバスやナイロンなどといった比較的丈夫な生地であれば、掃除機を使ってゴミを取り除いていきます。

 

掃除機で取り切れなかった細かい汚れは、ガムテープを使って丁寧に取り除きます。

取っ手部分の付け根、中のポケット、ファスナー部分は汚れが溜まりやすいので特に念入りに。

 

・皮生地

柔らかい乾いた布で拭くか、革製品用のブラシで細かい汚れを落としていきます。

皮製品に使える専用クリーナーがあれば、それを使って汚れを落とすのも◎

 

②臭いを取る

食べ物やカビ、たばこ、香水などの臭いは自分ではなかなか気づきにくいもの(^^;)晴れた日に風通しの良いところで一日干すだけでイヤな臭いは取れますよ。

ただし、直射日光に当てると紫外線で生地が傷むので陰干しのみですね。

 

アクセサリー、ジュエリー

①汚れ、手垢、汗などを取る

柔らかい布を用意して優しく拭き取りましょう。メガネ拭きでも綺麗にすることが出来ますよ。

 

②黒ずみを除去して輝きを取り戻す

・ゴールド、プラチナ

ぬるま湯をボウルに用意したら、柔らかい歯ブラシに中性洗剤を数滴垂らして優しく洗いましょう。

すすぎは十分に行って柔らかい布でしっかり拭き取ります。

 

宝石店にもよるかもしれませんが、持っていけば無料でクリーニングを行ってくれるところもあります。

 

・シルバー

シルバー専用のクリーナーを使うか、なければ鍋とアルミホイル、食塩を用意。

沸騰させたお湯の底の方にアルミホイルを入れ食塩を一つまみ入れてからシルバー製品を入れ1,2分してから取り出すと黒ずみが取れます。

 

シルバー製品を入れた瞬間少し硫黄っぽいニオイがするので、臭いに敏感な方は気を付けてください。

黒ずみが取れたら、柔らかい布で優しく拭き取りましょう。

 

※このやり方は装飾品がついていないシルバーだけの場合です

石や飾りなどなにかシルバー製品に付いている場合はそれが外れたり壊れたりする可能性があるので、シルバー用のクロスなどで磨くだけにしてください。

 

実際にやってみました👇

こちらのシルバーブレスは全体的には黒ずんではいないんですが、よく見るとところどころ黒っぽくなっています。

鍋、アルミホイル、食塩を用意して早速入れていきます。

取り出した後のブレスがこちら。

写真だとわかりづらいかもしれませんが、黒ずみが取れてつるピカになりました✨

黒ずみが激しいシルバー製品を入れるとかなり綺麗になるので、シルバー用の専用液を使わずに手軽に綺麗にしたい方にはおすすめですね。

 

時計

①文字盤を綺麗に磨く

乾いた柔らかい布(メガネ拭きでもOK)で全体的に拭きます。細かい溝の部分は綿棒を使って汚れを落としていくと◎

 

②ブレス、ベルト部分の汚れを取る

金属製ブレスの場合は、ぬるま湯と中性洗剤を使って歯ブラシで汚れを取っていきます。

皮で出来たベルトであれば、柔らかい乾いた布を使って拭き取るのが一番。

 

洋服

①部分的な汚れを落とす

シミ抜きを使うか、部分用洗剤をつけて数分置いてから通常通り洗濯します。洗濯の際は事前に洗濯絵表示をよく確認してから行いましょう。

 

②ホコリを取る

衣類用のブラシを使ってブラッシングするか、ガムテープを使ってぺたぺた汚れを取っていきます。

 

③臭いを取る

洗濯をしてからよく乾かすか、消臭スプレーを噴きかけて風通しの良いところで一日陰干しします。

時間がない時は扇風機やドライヤーを使って冷風で乾かしましょう。

 

買取予想額0円のバッグが100円になった

 

以前、かなり使い込んでほとんどボロボロになったブランドバッグがありました。

プリマクラッセのミニショルダーだったんですが、もともと母から譲り受けたもので既にかなり使い込んだ感じがあり…💧

 

数年使ってたんですがけっこう頻繁に使ってたのでボロボロになってきてしまって。

ところどころ擦れてるし、遂には蓋を留める部分のベルトが壊れて手で押さえないとパカパカ開いてしまうような状態(;’∀’)

 

そんな状態だったので、このままゴミに出そうか…

と思っていたんですが、愛着があったのでそのまま捨てるのがもったいなくてブランド買取に出してみることにしたんです💡

 

発送前日になんとかホコリや黒ずみなどの細かい汚れを拭き取り、全体的に磨いてから丁寧に梱包して次の日発送しました。

 

一部始終を見ていた母に、あんなの売れないでしょと笑われ自分でも買取0円から良くて10円位かなと予想していました。

それでも、査定結果では100円買取結果となりました‼

 

100円でも売れたらやっぱり嬉しい

 

たかが100円と言えばそれまでなんですが…

それでも、ただ捨てることも出来たはずのバッグが100円で売れたということでやっぱり嬉しかったですし、この時クリーニングの重要性に気づいたんですよね👀

 

別にピカピカにする必要はないですし、綺麗にしたところでこれ売れるのかな?

と思うようなものもあると思います。

 

でも、ある程度でもそれなりに出来る範囲内でクリーニングすれば思った以上の査定金額になることがあります‼

 

気持ちよくブランド品を手放すためにも、買取に出す前に一度で良いので商品を見直して綺麗にしてみてくださいね(^^)

少しでも高く買い取ってもらえますように…✨

ブランド品を購入する時に必ずついてくるのがギャランティーカード(保証書)などの付属品。

買取に出そうと思ったら、付属品があるかないかで査定金額は大きく変わります。

 

「もう何年も前のものだから付属品なんてない」

「おそらく捨ててしまって今は手元にはない」

という場合はしょうがないですが、部屋のどこかにでもありそうならば探してみる価値はありますよ‼

 

今回は、少しでも高く買い取ってもらうコツの一つとして付属品の重要性についてご紹介したいと思います。

 

付属品は出来るだけつけるほうが良い

 

付属品は、あまり状態が良くなかったとしても出来るだけつけたほうが良いです💡

なぜかというと、買い取られたブランド品が中古市場に出された時に新品に近い状態のもののほうが買い取られやすいからです。

 

考えてみてください。

もし、あなたが欲しいものがあって定価だと高いから少しでも安く良いものを手に入れようと思ったら…中古品でもより新品に近いものを選ぶはずです。

 

状態は変わらない商品が二つあったら、商品を包んでいる袋や箱、ギャランティーカードがないものよりもあるもののほうが本物だという信頼感が生まれますし保管方法にも困りませんよね❓

 

結果的に、より付属品が多いほうを選ぶはずなのです。

なので、付属品が出来るだけついているほうが買い取られやすいため売る時も高い金額で買い取ってもらえる可能性が高くなります✨

 

付属品の種類

 ジャンル 主な付属品
バッグ 保存袋、箱、保証書
時計 余りコマ、ケース、保証書
ジュエリー 箱、保証書、鑑定書
ケース(スーツやコートなど)、ハンガー、余り布

 

出来るだけ購入した時と同じように全ての付属品を揃えれば、その分査定金額は高くなる傾向にあります。

 

これは別に要らないかな?

と思えるようなものでも、あれば一応まとめて買取に出すほうが良いですよ(‘ω’)ノ

 

※ブランドのショップバッグは査定金額には影響しません。

商品自体を包んでいる袋や箱などは必要ですが、そのショップでもらう紙袋(ショッパー)は重要ではなく付属品にはカウントされません💦

なので、これに関しては袋や箱と一緒に買取に出す必要はないですよ。

 

見やすく梱包することも大事

 

買取に出す際は、鑑定側がどんな付属品があるのかすぐわかるようにまとめることも大事です

特に、保証書は商品とセットでわかりやすいようにするのが一番です。

 

以前、宅配買取を利用した時に時計を出したことがありました。

その時計は、定価2万円しないくらいの割と安いものだったんですが購入してから数回しか使っておらず新品同様とは言えませんが美品でした。

 

その時計を査定に出す際に、箱と保証書(取扱説明書と一緒になったもの)があったのできちんと箱に時計を入れたんですが…

保証書は底の方に入れるスペースがありそこに入れて査定に出したんですよね💡

そしたら、査定金額1400円でした👆

画像はブランディアを利用した時のものです。

 

何度か使っていましたし、購入してから売りに出したのも3年を過ぎてからだったのと時計の秒針も止まっていて動作確認も出来ない状態で…

定価もそんなに高くないものでしたし「これくらいかな?」と思っていました。

 

でも、一つ気になったのが保証書もあるはずなのに査定結果の内容に保証書ありの文字がなかったんですよね(;’∀’)

 

変だなー、もしかして底に入れていたから気づかなかったのかな?

と思い、(底を開けないと見えないわけでなく、底を見れば保証書が見えるようにはなっていました)一旦返却してもらい再度箱の中に商品と一緒に入れて査定に。

 

保証書の確認後1.6倍の金額に

 

再度査定に出してみたところ、前回1400円だったものが2300円になりました‼

これってすごくないですか?

 

金額で言えば900円アップしただけなので、大した金額ではないかもしれませんが元の査定金額から考えると保証書の確認が出来ただけで約1.6倍以上になったわけです👀

 

定価が定価なのでアレですが、もっと高い定価のものだと付属品をきちんと見せることで数千円から数万円違ってくることもありうるんです✨

数千円、数万円違ってくるとけっこう大きいですよね。

 

保証書があっても、鑑定する時にきちんと見えていないと気づかれないこともあるので目につきやすいようにまとめておくことをお勧めします。

ぜひ参考にしてみてくださいね(*‘ω‘ *)

ブランド買取では、査定金額が出た時に買取価格の値上げ交渉をすることが可能です💡

 

もちろん、数万円単位での買取価格の値上げ交渉は不可能ですが数百円から数千円程度であれば可能なことがあります(*‘ω‘ *)

ただし、気を付けるべきポイントが3つあります。

 

そのポイントをなるべく意識して、少しでも高く買い取ってもらえるように交渉すると良いでしょう。

 

買取交渉の3つのポイント

①他に買取を考えているお店での買取評価額の目安を知っておく

 

ブランド買取店では、買取成立させその後リピーターになってもらうためにも他社の査定金額よりも最大限高い金額で買取を行っているところが多いです。

 

もし、他の買取店での査定金額よりも安かった場合にはその旨を伝えるとより高い査定金額になることがあります💡

商品にもよりますしその時の相場にも左右されるので…

 

交渉すれば必ず値上げが可能になるわけではないですが、可能性はあります‼

ブランド買取店だけでなく、ヤフオクやメルカリなどでもリサーチして大体どれくらいで売買されているのかを確認しておくと良いですよ。

 

仮に、68000円という査定金額になった場合

「キリの良いところで、7万円で買い取っていただけるのであれば即決したいと思います」

「今回こちらの利用が初めてで…今後も不用品が出たらお願いしたいのでもう少し上乗せして買い取っていただけませんか?」

というような感じで交渉すると良いと思います(‘ω’)ノ

 

もしそれで交渉成立となればそのまま売ってしまって良いと思いますし、それで査定金額が変わらないのであればまた別のところに査定に出すというのも良いと思います。

 

少しでも良いから高く買い取ってもらえないかな?

と思いながらとりあえず交渉してみる、これ大事です✨

 

②なるべくまとめて売る

 

ブランド買取では、一点だけを売るよりも複数まとめて売るほうが喜ばれます(´ω`)

そのため、出来るだけまとめて複数のブランド品を集めてから売ると査定金額もその分交渉しやすいです。

 

もし数点分のブランド品の総額が68000円であれば、

「7万円にしていただければ、まとめて買い取っていただきたいと思います」

「あとプラス2000円の査定金額であれば全部こちらでお願いしたいのですが、可能でしょうか?」

というような感じです。

 

数が多ければ多いほど、その分交渉はしやすい傾向にありますね

 

③希望金額は高ければよいわけではないのでわかりやすく具体的に

 

もし希望の金額を聞かれたら、とにかく高い金額を提示してしまうと

「本当に売る気があるの?」

と思われてしまいます💦

 

相場もありますし、出来るだけ高い金額での交渉は可能ですがあまりにも高い金額を言っても不可能✋💧

 

事前に他店でも査定を出してもらったり、相場を確認したうえで相場に近い自分が納得のいく金額を伝えると交渉はスムーズに行くことが多いです。

また、お客様という意識よりも対等に交渉するという意識を持った方が良いです。

 

やはり人間なので、感情に左右されますし少しでも気持ちよく取引出来たほうが良いはず。

 

どうしても高く売りたいからそれが無理なら売らない、の一点張りで自分の意見だけ通そうと思ったらお互い不快になるだけなので…

お互いが納得のいくような金額を模索するということも大事ですよ(^^)

 

もちろん、金額に不満があるのにしぶしぶ売る必要はありません‼

ちょっと今回の交渉は無理そうだな…と思ったら、その時はキャンセルしちゃいましょう。

 

ただ、不用品を処分してお金を手に入れようと思ったら買取成立のための努力もそれなりに必要ということです。

 

仲良くなるとまではいかなくても、相手に良い印象を与えることが出来たらこんな人に売ってもらいたいと思ってもらうことで交渉につながることもありますからね。

 

以上のポイントに気を付けて交渉すれば、通常よりも少し高い金額で買い取ってもらうことは十分できると思います。

参考になれば幸いです🎵