自分自身が直営店で購入したもので、ギャランティーカードがあったりシリアルナンバーの確認が取れているなどであれば、100%本物という自信につながると思います。

でも、人から譲り受けたもの、もらったものなどでギャランティーカードがなく確認できないものは、100%本物だという自信はないですよね…

 

明らかに雑な作りとかでない限り、素人が見てもわからなかったりしますが、プロの目はやはり違います。

ブランド買取はブランド品が本物か偽物かを判断するために利用できるのか?そう思う人も居ることでしょう。

 

結論から言うと、偽物かどうかの一つの目安にはなります。

ただ、確定というわけではないので総合的に判断する必要がありそうです。

 

買取不可アイテムは偽物だけではない

 

ブランド買取では、本物か偽物かは割とすぐにわかるようです。

最近は、かなりレベルの高い本物そっくりな偽物も多いようですが、それでもプロの目は欺けません。

 

でも、ブランド買取店ではもし万が一査定に出したものが偽物だったとしても、「これ、偽物ですよ」なんて教えてはくれないんですよね。

普通は「うちではお買い取りできません。」と言われて断られるだけです…

 

買取できない理由についても、詳しくは教えてもらえないことが多いですね。

 

「当社の査定基準に満たないため」

「買い取り対象外のお品物となっているため」

と言われることが多いと思います。

 

実際に、偽物か本物かという以前に買取不可のアイテムも多いです。

 

例えば、

・商品自体のダメージが酷く売れる状態ではない、古すぎて買い手がつかなそうな状態

・正規品でも縫製や刻印が雑、あるいはミスで偽物と判断されかねない

・メーカー、あるいは販売店のスタッフのミスによる商品やギャランティーカードの番号間違い

などが考えられます。

 

商品自体がもうだいぶ前のもので古いから売れない、というのはわかりますがメーカー側や販売店側でのギャランティカード入力ミスとなると…

購入者側はどうすることも出来ません。

 

特に、縫製や刻印のミスなどに関してはハイブランドはハイクオリティが売りなので、本来であればあってはならないことなんですが…

 

少ない確率ではありますが、実際にこういったミスがあることも事実です。

購入時に気づいて確認が取れれば交換などの対応も可能ですが、多くの人はデザインや機能性を重視して購入すると思います。

 

なので、いちいち縫製や刻印、番号など細かい部分まで見ていなかったり見ても簡単には気づかなかったりします。

その結果、物は本物だけれどブランド買取店では買取不可になってしまうケースがあるんですね。

 

じゃあ、買取不可アイテムは偽物かどうかの判断は難しいのか?というとそうでもありません。

というのも、買取基準はどこのブランド買取店も全く同じということはなくそれぞれ違うからです。

 

本当に偽物かどうか複数の店舗で査定に出してみる

 

買取不可の理由が詳しくはわからない以上、偽物だと判断するためにはいくつかの店舗で同じように査定に出してみることをお勧めします。

もしかすると、ただ単にその店舗では買取基準に達していなかっただけかもしれないので、別の店舗では買取自体は可能だったということもあります。

 

ただ、もしもどの買取店でも買取不可という結果が出た場合は、それはおそらく偽物と判断しても良いでしょう。

その時は、使い倒して最後は処分してしまうのが一番かと思います。

 

直営店で購入しても買取不可になるケースもある

 

これは知人の話なのですが、ある時母親と二人でハワイに旅行に行くことになり、旦那さんへのお土産としてブランド直営店で財布を買ったそうです。

帰国後、財布をプレゼントして以来旦那さんはずっと使っていたそうなんですが、それから数年経って古くなってきたのでブランド買取店に持って行ったんだとか。

 

そしたら、初めに行った買取店では「お買い取り出来ません」と言われ…

試しに数店舗で査定をお願いしてみたら、見事に全ての店舗でお断りされたそうなんです。

 

その旦那さんは何も言わずに買取に出していたみたいで、結果買取不可となり持ち帰ったわけなんですが、知人は何も言わずに買取に出していたことがショックだったみたいですね…

 

でもそれよりも、直営店で購入したものが買取不可だったのでかなりビックリしたと言っていました。

直営店で買ったとしても、色々な理由で偽物だと思われかねない物もあるということですね。

 

複数の店舗での査定で総合的な判断を

 

直営店で買ったのに買取不可だった…というケースは稀だとは思うんですが、こういった可能性もゼロではないんですよね。

ブランド買取でも偽物だと断言出来ない以上、なんとなく察して判断するしかありません。

 

もし手元にあるブランド品が本物か偽物かの判断をしたい場合は、まずは査定に出して見ると良いと思います。

 

それで買取をお断りされた場合は他複数の査定にも出してみて全てお断りされた場合はおそらく偽物、一店舗でも買取OKなところがあれば本物の可能性が高いということになると思います。

 

というわけで、ブランド買取は偽物か本物かの判断のために参考になる部分があるということですね。

複数の店舗に査定に出してみて、買取OKだったら本物ということで解釈し売っても良いと思いますし、もし買取不可なら最後まで使い倒して処分することをおすすめします。