ブランド買取にブランド品・高級品を売ろうと思っていくつか査定に出してみるとわかることですが、それぞれの業者で査定額が違ってきます💡

 

数万円から十数万円単位で違うこともあり、どこもほとんど一緒の査定額になるということはあまりありません💦

 

その買取店によって買取強化しているブランドも違いますし、何を基準に査定するかによってもまた少しずつ変わってくるからです。

 

出来れば少しでも高く買い取ってもらえるタイミングで売り、賢くお金を手に入れるためにもブランドの買取価格の基準相場の目安や変動のタイミングは知っておくと良いですよ(^^)

 

ブランド買取価格はどうやって決まるの?基準は?

 

買取価格は、その時の相場+商品のコンディション(状態)によって決まります。

その時の中古市場でどれくらいの値段で売られているのか?が買取相場、その商品は新品にどれだけ近いのか?がコンディションになります。

 

 買取相場 コンディション
・もともとの値段 ・新品か中古か
・製造年 ・保存状態
・モデルやライン ・付属品

 

買取相場

・もともとの値段(定価)

・製造年(いつ販売されたものか)

・モデル(形)やライン(柄)

関連:並行輸入品は買取してもらえる?正規品よりも査定額が安い理由

 

コンディション

・ほとんど新品か、それともかなり使い込んだ中古の状態なのか

・保存状態(光沢、雨シミ、糸のほつれ、擦れ、破れ、金具の傷、色焼け、型崩れ、カビ、臭いがないかなど)

・付属品(袋や箱、ギャランティーカードの有無)

関連:買取に出す前にやるべきクリーニングの方法と詳しい手順

関連:ギャランティーカードや箱などの付属品は査定金額を大きく左右する

 

買取の基準は、買取相場だけでなくコンディションだけでもなくどちらも考慮しながら総合的に判断して決まるものです💡

 

こういった要素が絡んでいるので、ほとんど新品の状態で定価も高いものだったとしても必ずしも高い買取価格になるわけではありません💦

 

逆に、そこそこ使い込んでいて製造年も古い物であっても人気ブランドの定番商品であれば自分が思った以上に高い査定額になるということもあります。

 

人気のハイブランドは強い!

 

バッグならヴィトン、シャネル、エルメスは世代問わず世界中で人気のブランドですし、時計ならロレックスのスポーツモデルは定価よりも高い査定額になることもあるくらい相場が安定しています。

 

ヴィトンなら「モノグラム」「ダミエ」などの定番柄、流行り廃りのないトートバッグは買取価格が高くなりやすいですね。

シャネルなら黒のマトラッセ、エルメスは有名なケリーバーキンなど。

 

ロレックスなら、サブマリーナ、エクスプローラー、ディトナ、GMTマスターなど。

流行り廃りの少ない定番モデルは、時代を超えて愛されますし定価なら手の届かない若い世代でも中古なら買いやすいということで人気が落ちることなく相場が安定

 

限定ものというよりは定番のもの、並行輸入品やアウトレットなどに流れにくいブランドだと相場もより安定しやすいようですね✨

 

相場の目安

ヴィトン

ネヴァーフルMM M42268・・・定価149040円

買取相場8万円 新品だと9万円~10万近い値がつくことも。

 

イエナPM M42268・・・定価151200円

買取相場9万円 新品だと10万円~11万円くらいになることも。

 

テュレンPM M48813・・・定価177120円

買取相場10万円前後 新品だと13万円近いことも。

 

シャネル

マトラッセ ラムスキン25cm・・・定価60万円以上

買取相場18万円~20万円 新品だと20万円以上で取引されることも。

価格が高騰しているので定価だと超高級品ですが、古い物でも高い買取価格がつくことがある。

 

エルメス

バーキン トゴトリヨン30・・・定価122万円

買取相場68万~90万円

 

ケリー トゴトリヨン28・・・定価111万円

買取相場52万円~60万円

 

ロレックス

サブマリーナデイト 116610LV・・・定価928800円

買取相場70万円

(11月上旬現在)

 

これらは一例で、定価の半分近く査定額が行くとかなり良い方だと思うんですがかなり状態が良いと定価の7割から8割くらいいくこともあります。

購入後3年以内は相場は安定していることが多いです。

 

これはなにもハイブランドに限らず、そこまで有名なブランドでなくても3年以降になると需要と供給のバランスが取れなくなってきます(;’∀’)

 

購入後に手放すことを考えたら、3年以内に買取に出すとかなり高い査定額で買い取ってもらえることもあります。

 

3年経ってからでもハイブランドは人気のものが多いですが、そこまでハイブランドではないものだとどんどん価値が下がり新品に近い状態であったとしても思ったよりずっと低い査定額になることも…

 

手放すことを考えたら出来れば3年以内に買取に出すか、まずは査定だけでもしてもらうと良いでしょう。

 

相場が変動する時

 

買取価格の相場が変動する時というのはパターンがあります💡

買取基準の基本的な要素に、買取相場と商品のコンディションがありますがそれにプラスで「シーズン」「トレンド」「デザイン」の要素も関わってきます。

 

シーズン

買取自体はシーズン関係なく、年中行われているものですがそれでも物によってはシーズンがあるものもありますね。

 

例えばバッグはバッグでも夏っぽい素材のものや色合いだったり、逆に冬仕様のものもあるでしょう。

 

服ならその差はよりハッキリとしますね👀

春物、夏物、秋物、冬物…それぞれのシーズンが始まってからよりもそのシーズンが始まる前に買取に出すと需要が高まっている時なので買取価格も高くなりやすいです。

 

・春物なら2月から3月くらいを目安に

・夏物なら5月から6月くらい

・秋物なら7月から8月くらい

・冬物なら9月から10月くらい

です。

 

トレンド

ブランドものはトレンドにも左右されやすいです。

特に、女性服のトレンドは変わるのがもの凄く早いためたった数年前のものが既に流行遅れになってしまうことがあります。

 

バッグや時計などはあまり流行り廃りがなくデザインよりも実用性重視の人も多いですが、服に関してはトレンドが変わりやすいというのを意識したいですね。

服なら2年から3年で一気に価値が下がるとも言われています。

 

デザイン

その時限定の柄などで希少価値の高いものだと、プレミアがついて高値で買い取ってもらえることがありますが基本的には限定のデザインよりも定番の物のほうが好まれます。

 

限定ものの場合、一時的に買取価格が上がってしばらくすると下がるように変動が激しいことがあるのでタイミングさえ合えば定価とまではいかなくても納得できる価格で買い取ってもらうことは出来るでしょう。

 

買取強化ブランドはその買取サービスによっても時期によっても変わることがあるので、逐一チェックしておくということも大事です